カテゴリーアーカイブ スキンケア

著者:jysehu

夏が終わると肌の調子が悪くなる

私の大好きな夏が終わり、寒い冬が近づくにつれて肌の調子が悪くなります。これは毎年思っていたことで、また多くの人が同じ様に悩んでいると聞きます。夏に浴びた紫外線のダメージが秋になって肌に現れるそうです。そして秋から冬にかけてどんどん空気が乾燥してしまい、カサつきやくすみの悩みが出てきます。

レナセルクリアセラムの口コミ

この悩みを解決するため、私はエステに通っています。私の頬は暖かい場所にいると赤くなりやすく、このことも相談しました。

すると、表皮と呼ばれる肌の一番外側が薄いことが分かりました。この表皮が薄く、キメが整っていないと、内側の水分が投げやすく、乾燥も引き起こすそうです。また、せっかく外から入れた化粧水などの水分も蒸発させやすいとのことでした。このままだとシワシワになって、年齢よりも老けて見えてしまうかもしれません。それは絶対に嫌なので、肌ケアを見直してどうにか冬でも潤った肌にできないものかと調べました。

エステに行くこと、日々のスキンケアに力を入れること、水分をこまめに摂取することを心がけました。でもそれ以上に、原因はこれだったのか?と思うことがありました。私は1年前の12月に仕事を辞めています。デスクワークでしたのでエアコンが常に動いている部屋に9時間以上は居ました。今はパートで事務の仕事を週3日6時間で勤めていますが、肌の調子がケアを頑張っていた当時とは比べ物にならないくらい良いです。恐らく仕事のストレスも影響していたのだと思います。

この経験から、私がオススメするのはお部屋の加湿です。できればエアコンに頼りすぎないようにしたいところですが、流石に寒さを我慢しましょうとは言えないので、加湿をしてください!これでかなり肌の調子が変わるはずです!

著者:jysehu

肌をよくするためには

お肌の悩みはいくつもありますが基本的には肌の状態が悪くなるのことというのがあるわけでその悪くなることにも色々と種類があります。

モイスポイントの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

それこそしみ、そばかす、くすみなどが出てきたということもありますし、潤いがなくなってきた、ということもあるでしょう。

こういうことをどのように対処すればよいのかということですが、当然ながら肌に良くないことをしないようにするとか逆に良いことをしていくようにするということが重要です。

そうしたことができるようになりますとかなりしっかりと肌の美しさを維持したりあるいは目指してるということができるようになるわけですが、ではどうするのかということですが肌にクリームのようなものを見ることを定期的にやるようにしましょう。

具体的には肌に良いクリームです。特に紫外線対策などはしたほうがよい、ということになります。紫外線自体は必ずしも体に悪い事しかないというわけでもないです。しかしながらあんまり強く紫外線を浴びたりしない方が良いというのもまた事実であって、少しでもしっかりとした肌対策をしたいのであればはそういうところから始めてみることです。小さなことからコツコツと、というのも肌の基本になります。

著者:jysehu

雪の中で気を付けたいこと

冬の魅力を引き立たせる要素の中には、雪の有無も含まれていると思います。雪が降ると直接肌で感じる寒さに加えて、目に見える景色からも寒さが伝わってきますが、雪が降っているからこそ出来ることもあります。

http://www.rioufreyt.com/

それは、雪合戦や雪だるま作りといった雪に関係した遊びです。定番の遊びではありますが、せっかく雪が降っているのに遊ばないというのも季節感を無視しているようで、少し寂しい気がします。そこからの延長であれば、スポーツの分野にまで幅を広げてスキーやスノーボードといったことまで出来るようになるので、充分に楽しめると思います。

また、雪に関係した遊びも他の遊びと同じように、楽しみながらも安全には気を配ることが大切になります。特に雪が降ったことによって、いつもより滑りやすくなっている地面には注意が必要です。もしも、転倒してしまった場合には地面に接しているつま先や踵、そこから近い膝などの部位を怪我しやすいです。

そこで、冬の季節に合った仕様の靴が役に立ちます。つま先や靴底の部分が衝撃を吸収してくれるような作りであれば、転倒してしまったとしても足に掛かる負担が少なくて済みます。転倒の対策だけではなく、同時に寒さの対策もしたい場合には靴の内側が暖かい作りになっている物が良いと思います。

運動をする前にはしっかりと準備体操をするように、冬の遊びやスポーツにはそれに合わせた靴選びが大切なので、冬仕様の靴を一足揃えてみてはいかがでしょう。

著者:jysehu

凛と刻まれた1本のシワ。

気付いたら眉間にシワが1本できていた。

モイスポイントの最安値通販は?購入して使用

目が悪いのに、

必要な時以外は

眼鏡をかけていないので、

けっこうしかめっ面になっているんだと思う。

小鼻が低すぎて、

どんなに軽量の眼鏡をかけても

すぐにジワジワずれてくる。

それが嫌で、必要な時しかかけなかったのがいけなかった。

眉間は、

筋肉も、脂肪も、あまりない部位なので

弾力性が少なく、シワを寄せるとくせがつきやすいらしい。

睡眠時も横向きで寝ると、

眉間に脂肪がよって、長時間になると、

眉間のシワとして、定着してしまうそうだ。

凛と刻まれた1本のシワ。

短時間で消してしまうには

ヒアルロン酸とボトックス注射がある。

副作用もほとんどなく、

料金もお手頃らしいのだけれど

怖いし、お金もないので、

時間はかかっても、他の方法をやってみることにした。

まずは、

口角をあげて、

にっこりとした表情でいることを意識する。

口角があがると、

自然と眉間のシワも広がるし、

しかめっ面にもなかなかなりにくいから。

後は保湿のクリームをたっぷり塗ってマッサージ。

シワを広げてみたり、

かたまった筋肉をほぐすように、

ゆびでくるくるするようにした。

寝るときも、

できるだけピーンと

仰向けになるように気を付けている。

今のところは何も変化がないけれど、

地道に続けていこうと思っています。