著者アーカイブ jysehu

著者:jysehu

夏が終わると肌の調子が悪くなる

私の大好きな夏が終わり、寒い冬が近づくにつれて肌の調子が悪くなります。これは毎年思っていたことで、また多くの人が同じ様に悩んでいると聞きます。夏に浴びた紫外線のダメージが秋になって肌に現れるそうです。そして秋から冬にかけてどんどん空気が乾燥してしまい、カサつきやくすみの悩みが出てきます。

レナセルクリアセラムの口コミ

この悩みを解決するため、私はエステに通っています。私の頬は暖かい場所にいると赤くなりやすく、このことも相談しました。

すると、表皮と呼ばれる肌の一番外側が薄いことが分かりました。この表皮が薄く、キメが整っていないと、内側の水分が投げやすく、乾燥も引き起こすそうです。また、せっかく外から入れた化粧水などの水分も蒸発させやすいとのことでした。このままだとシワシワになって、年齢よりも老けて見えてしまうかもしれません。それは絶対に嫌なので、肌ケアを見直してどうにか冬でも潤った肌にできないものかと調べました。

エステに行くこと、日々のスキンケアに力を入れること、水分をこまめに摂取することを心がけました。でもそれ以上に、原因はこれだったのか?と思うことがありました。私は1年前の12月に仕事を辞めています。デスクワークでしたのでエアコンが常に動いている部屋に9時間以上は居ました。今はパートで事務の仕事を週3日6時間で勤めていますが、肌の調子がケアを頑張っていた当時とは比べ物にならないくらい良いです。恐らく仕事のストレスも影響していたのだと思います。

この経験から、私がオススメするのはお部屋の加湿です。できればエアコンに頼りすぎないようにしたいところですが、流石に寒さを我慢しましょうとは言えないので、加湿をしてください!これでかなり肌の調子が変わるはずです!

著者:jysehu

グレイヘアに憧れていたけれど

若い頃は毛量が多く、美容師泣かせと言われた私。

年齢を重ねた今、もっぱらの悩みは白髪!

いや、歳を重ねてからではなかった。http://www.sondeglane.com/

白髪が生えだしたのは結婚してしばらくしてから。

余りのカルチャーショックと、子育ての大変さからか?チラホラと混じり出し、その頃はおしゃれ染めで間に合っていた。

が、今はおしゃれ染めでは到底無理で、ガッツリ白髪染めをセルフでしている。

一時期は美容院で染めていたが、2週間ほどしたら根元がニョキっと生えてきて・・・

専業主婦の私が2週間に1度美容院で毛染めなんて贅沢過ぎると思い、今では半年に1度ほどに。

若い頃より毛量が減ったといっても普通の人以上で、髪全体を綺麗に染めるのは至難の業。

セルフにしてからは、美容院ほどのクオリティーを求めず、気になるところを徹底的に染めるというスボラぶり。

でも、それは仕方のないことだと諦めている。

なんせ、2週間に1回ほどのペースで白髪染めをしないといけないという憂鬱さ。

これに勝るものはないといっても過言ではない。

一度、行きつけの美容院で「グレイヘア」について相談をしてみた。

SNSなどで、グレイヘアのカッコイイ女性を見て憧れてたのだ。

家族は大反対ではあったが、白髪染めから解放されたい余り密かに進めようと思っていたら、

美容師さんにも反対された。

いや、正確には「無理だ!!」と言われた。

グレイヘアは出来る人、出来ない人がハッキリわかれているらしく、私は後者。

私の場合、頭のてっぺんに白髪が集中しており、まばらではないこと。

そして、まだそれほど白髪が多くなく、10年後でもネットでみるようなグレイヘアには近づけないと。

どうしてもと言うなら、やり方がないではないが、結局毛染めからは解放されないとのこと。

聞いた時はショックでショックで。

毛染めから解放されるには、汚いおばちゃんでもいいという覚悟が必要みたい。

まだ私は48歳。 自分を諦めるには早すぎると思い、憂鬱ながら一生懸命白髪を染めている。

著者:jysehu

肌をよくするためには

お肌の悩みはいくつもありますが基本的には肌の状態が悪くなるのことというのがあるわけでその悪くなることにも色々と種類があります。

モイスポイントの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

それこそしみ、そばかす、くすみなどが出てきたということもありますし、潤いがなくなってきた、ということもあるでしょう。

こういうことをどのように対処すればよいのかということですが、当然ながら肌に良くないことをしないようにするとか逆に良いことをしていくようにするということが重要です。

そうしたことができるようになりますとかなりしっかりと肌の美しさを維持したりあるいは目指してるということができるようになるわけですが、ではどうするのかということですが肌にクリームのようなものを見ることを定期的にやるようにしましょう。

具体的には肌に良いクリームです。特に紫外線対策などはしたほうがよい、ということになります。紫外線自体は必ずしも体に悪い事しかないというわけでもないです。しかしながらあんまり強く紫外線を浴びたりしない方が良いというのもまた事実であって、少しでもしっかりとした肌対策をしたいのであればはそういうところから始めてみることです。小さなことからコツコツと、というのも肌の基本になります。

著者:jysehu

髪は痩せるし減るってホントですね。

四重苦です。http://www.gazette-tourisme.com/

太い、硬い、量がとにかく多い、クセあり。

髪にはコンプレックスしかありません。

3歳くらいまではくるくるふわふわの天然パーマに透けるような茶色い髪色でした。

それが、いつの頃からかバキバキゴワゴワの硬い髪に。

あの天使はどこへ。

神様がいるなら恨みたい気持ちでした。

女の子の世話に慣れていない母は、髪を伸ばすことは決して許してくれませんでした。髪の世話をする時間があるから勉強しなさいという主義でした。さらに四重苦ゆえ、子供の頃は和田あきこさんか!と言いたくなるようなショートカットしかさせてもらえませんでした。

お友達のようにロングヘアをアレンジしてみたい。私も三つ編みしたい。編み込みしたい。

摘むのがやっとな長さな髪の毛を、少しでも早く伸びるよう願いながら引っ張ってみるのでした。

大人になって、やっと髪を伸ばすことを許されたものの、子供の頃からアレンジなんてしたことがないので練習してもなかなか上達しない。

さらに、とにかく毛量がおおいので、ポニーテールは本物の馬の尻尾様にボリュームがすごく、恥ずかしい有り様。

バナナクリップでは髪がとまらないので、太いゴムでぐるぐる巻きに。

縮毛矯正すれば、失敗してちりぢりに。

もう散々かヘアケア遍歴です。

でも、出産を経験し、今は40代。明らかに髪の勢力が弱まっている。髪を下ろすこともできるし、細いゴムでも結える。憧れのバナナクリップも使えるようになっていました。

加齢や出産で髪が痩せるし、量も減るのは本当ですね。

私にとってはラッキーでした。

著者:jysehu

雪の中で気を付けたいこと

冬の魅力を引き立たせる要素の中には、雪の有無も含まれていると思います。雪が降ると直接肌で感じる寒さに加えて、目に見える景色からも寒さが伝わってきますが、雪が降っているからこそ出来ることもあります。

http://www.rioufreyt.com/

それは、雪合戦や雪だるま作りといった雪に関係した遊びです。定番の遊びではありますが、せっかく雪が降っているのに遊ばないというのも季節感を無視しているようで、少し寂しい気がします。そこからの延長であれば、スポーツの分野にまで幅を広げてスキーやスノーボードといったことまで出来るようになるので、充分に楽しめると思います。

また、雪に関係した遊びも他の遊びと同じように、楽しみながらも安全には気を配ることが大切になります。特に雪が降ったことによって、いつもより滑りやすくなっている地面には注意が必要です。もしも、転倒してしまった場合には地面に接しているつま先や踵、そこから近い膝などの部位を怪我しやすいです。

そこで、冬の季節に合った仕様の靴が役に立ちます。つま先や靴底の部分が衝撃を吸収してくれるような作りであれば、転倒してしまったとしても足に掛かる負担が少なくて済みます。転倒の対策だけではなく、同時に寒さの対策もしたい場合には靴の内側が暖かい作りになっている物が良いと思います。

運動をする前にはしっかりと準備体操をするように、冬の遊びやスポーツにはそれに合わせた靴選びが大切なので、冬仕様の靴を一足揃えてみてはいかがでしょう。

著者:jysehu

凛と刻まれた1本のシワ。

気付いたら眉間にシワが1本できていた。

モイスポイントの最安値通販は?購入して使用

目が悪いのに、

必要な時以外は

眼鏡をかけていないので、

けっこうしかめっ面になっているんだと思う。

小鼻が低すぎて、

どんなに軽量の眼鏡をかけても

すぐにジワジワずれてくる。

それが嫌で、必要な時しかかけなかったのがいけなかった。

眉間は、

筋肉も、脂肪も、あまりない部位なので

弾力性が少なく、シワを寄せるとくせがつきやすいらしい。

睡眠時も横向きで寝ると、

眉間に脂肪がよって、長時間になると、

眉間のシワとして、定着してしまうそうだ。

凛と刻まれた1本のシワ。

短時間で消してしまうには

ヒアルロン酸とボトックス注射がある。

副作用もほとんどなく、

料金もお手頃らしいのだけれど

怖いし、お金もないので、

時間はかかっても、他の方法をやってみることにした。

まずは、

口角をあげて、

にっこりとした表情でいることを意識する。

口角があがると、

自然と眉間のシワも広がるし、

しかめっ面にもなかなかなりにくいから。

後は保湿のクリームをたっぷり塗ってマッサージ。

シワを広げてみたり、

かたまった筋肉をほぐすように、

ゆびでくるくるするようにした。

寝るときも、

できるだけピーンと

仰向けになるように気を付けている。

今のところは何も変化がないけれど、

地道に続けていこうと思っています。

著者:jysehu

髪のパサつきに長年悩まされています

現在私は28歳です。髪は細いタイプで、小さい頃はサラサラのストレートでした。

髪を染め始めた大学時代からパサつきが出やすくなり、悩んでいます。

全ブリーチはしたことがなく、毛先のみのブリーチ、ハイライトを数回やった程度です。

大学時代は基本金欠だったため、市販のカラー剤で何度も染めていました。それもあって髪質が落ちたのかもしれません。

最初に試したのは洗い流さないトリートメントの「ellips」です。ドライヤー前に付けるオイルですが、香りが良くて気分が上がります。

ただ、効果は実感できず、あまり使用していません。香りは本当に好きなので、同じ香りのヘアミストなどを作ってほしい。

次にオイルミルクの「ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン」を試しました。こちらもドライヤー前に付けるオイルです。

香りも上品で、乾かした後はしっとりサラサラになるのでかなり感動しました。

ミルボンと同じくらい感動したのがヘアマスクの「フィーノ プレミアムタッチ」です。シャンプーの後にトリートメントと同じ要領で使用します。

時間をおかず流しても効果はあるので、ズボラな私でも楽にケアできます。

髪を流している時点からサラサラになっているのが実感でき、乾かした後は驚くほどサラサラになっています。

最後に、ドライヤーをパナソニックの「ナノケア」に買い換えました。ドライヤーだけで髪質が良くなった実感はありませんが、乾くのが早くなった気はします。

ここまで試してみましたが、未だに朝起きた時は髪がパサつきます。そしてアホ毛が立ちやすいです。

でも、美容院に行った時は毎回美容師さんに「髪質がいいね。何か使ってる?」と言ってもらえるので、効果はあったのかなと思います。

あとは朝のパサつきさえどうにかできれば・・・。

著者:jysehu

髪が多い人の悩みは実はこんな悩み?

髪が少ない人は毛髪材やお風呂で使われるシャンプーなど気をつけている方が多いと思われますが、髪が多い人がどのような心構えをされているかは余り知られてないことだと感じる。

確かに髪はないよりある方が女性も男性も悪いことはない。私自身も将来おじいちゃんまで生き長らえているなら、髪はあった方がいいと思う。

ではなぜ多い髪に悩んでいるのか。一つは時間を費やされるから。髪はお風呂に入った後や出た後、就寝から起床に至るまで必ず一本は抜け落ちる。

髪が少ない人はそもそも抜ける髪が少ないが多い人は、坂道をロードバイク下っているとき原チャリを抜けちゃうくらい抜ける。

そうなったときに次に起こす行動は後片付け、いわゆる掃除を行うことになります。お風呂掃除から部屋の掃除に、寝具まで髪は抜けている為綺麗にしていかないとドンドン髪は溜まる。

これほど行いたいものはないです。

そうは言いますけれど、自分の部屋だし自分から出た髪の毛だから当然綺麗に掃除はします。ただ突如どこかのお坊ちゃんが自分の部屋に遊びに来たときに、こんなところに髪の毛が落ちているじゃないかみたいな

ことを言われたくないので髪の毛は美容院に行くまで抜けて欲しくないところです。

著者:jysehu

天然パーマも個性?

私は幼稚園の頃から天然パーマに悩まされてきました。

「他の人と違う」ということでクラスメイトからいじめられたり、知らない人から面と向かって髪に対する悪口を言われたりと割と散々な学校生活を強いられてきました。

そんな私も高校生になりオシャレにも気を使うようになったので、初めて縮毛矯正をしてみました。

しかしストレートヘアになってテンション上がるのは最初の一ヶ月半くらいで、それからは根元のうねりに悩まされるようになりました。

縮毛矯正はそれなりにお金がかかるので三ヶ月に一度だし、結局ストレートアイロンを使わなきゃまとまらないのでこれを一生続けるのかな?という疑問も湧いてきました。

しかしそこは思春期なのでストレートにする事に命を懸けて生きて来ました。

しばらく経ってまた疑問。

私は素の自分自身を偽ってこれから先も生きて行くのか?

私が縮毛矯正を始めてから仲良くなった友達や、私を好きになってくれる人は私が天然パーマのままだったら果たして一緒にいてくれたのか?

そんなモヤモヤを抱えながらも人生は流れて行き、結婚&出産。

育児に追われる日々が始まり自分自身の身だしなみもままならなった時にふと思ったのが、「何で私が人より時間もお金もかけて大多数に髪質を合わせなきゃならないんだ?」と言うことでした。

そんな時間と金があればもっと自分や家族の為に使いたい!

その日から脱縮毛矯正をする事にしました。

扱いにくさは勿論ありますが、これが自分だ!という妙な清々しさもあり以前よりリラックスして日々を過ごせるようになったかと思います。

自分さえ認めてしまえばどんなコンプレックスだって魅力的な個性になるのさ!

著者:jysehu

現役美容師として日々お客様の髪のお悩みと向き合っております

現役美容師として日々お客様の髪のお悩みと向き合っておりますが、年代問わず多いお悩みでダントツ多いのが「ツヤがないこと」です。

10代?20代は質よりもデザイン性を求める方が多く、ブリーチなどのハイトーンカラーや無理なパーマを繰り返すことで髪がダメージし、まとまりがなくツヤがなくなってしまう方が多い傾向にあります。

また30代?50代は年齢による髪質の変化により乾燥しやすくツヤが出にくい「エイジング毛」となり、30代以降のほとんどの方がこのお悩みを抱えています。

「髪のツヤ」が見た目に与える印象はとても大きく、髪にツヤがないと疲れて見えたり、老けて見えたり、顔色がくすんで見られてしまいます。

逆に髪にツヤがあると正面はもちろん後ろ姿も若々しく、顔色もパッと明るく見えます。

洋服をきちんと着こなせるかどうか、メイク映えするかしないかなど全体のバランスをトータルで見たときに「髪のツヤ」によって大きく左右されます。

ブラウン系などツヤの出やすいヘアカラーにするのも一つの手段です。

「垢抜けたい」「若々しくなりたい」「洗練された印象になりたい」という方は「髪のツヤ」を意識したへアケア・ヘアカラーを取り入れることで印象アップできますよ♪